製品リスト

2017 年

査読付き論文

査読なし論文

学会発表

  • 岡崎正悟, 岩山隆寛: 準地衡2層モデルを用いた地衡流乱流の波数空間動力学に関する研究, 第 18 回地球流体力学研究集会「地球流体における構造の形成と変動の力学」, 2017 年 3 月 2 日 ~ 3 日, 東京大学大気海洋研究所.

博士論文

修士論文

卒業論文

2016 年

査読付き論文

  • Iwayama, T. and Watanabe, T., Enstrophy inertial range dynamics in generalized two-dimensional turbulence. Phys. Rev. Fluids vol. 1(2016), 034403, DOI: 10.1103/PhysRevFluids.1.034403.

査読なし論文

学会発表

博士論文

修士論文

卒業論文

2015 年

査読付き論文

  • Iwayama, T., Murakami, S., and Watanabe, T., Anomalous eddy viscosity for two-dimensional turbulence. Phys. Fluids vol. 27(2015), 045104 (18 pages).

査読なし論文

  • 岩山隆寛, 村上真也, 渡邊威 2次元乱流における異常渦粘性, 京都大学数理解 析研究所 講究録 1944, 「乱流研究のフロンティア」, (2015年), 1 - 14.
  • 岩山隆寛, 渡邊威 2次元減衰性乱流における普遍的赤外領域スペクトルと不変 量, 京都大学数理解析研究所 講究録 1943, 「大スケール流体運動と乱流揺ら ぎ」, (2015年), 1 - 15 .

学会発表

博士論文

修士論文

卒業論文

2014 年

査読付き論文

  • Sugiyama, K., Nakajima, K., Odaka, M., Kuramoto, K., Hayashi, Y.-Y., 2014: Numerical simulations of Jupiter's moist convection layer: Structure and dynamics in statistically steady states Icarus, 229, 71-91.
  • Marti, P., Schaeffer, N., Hollerbach, R., Cebron, D., Nore, C., Luddens, F., Guermond, J.-L., Aubert, J., Takehiro, S., Sasaki, Y., Hayashi, Y.-Y., Simitev, R., Busse, F., Vantieghem, S., Jackson, A., 2014 : Full sphere hydrodynamic and dynamo benchmarks, Geophysical Journal International, 197, 119--134, doi: 10.1093/gji/ggt518. <URL:http://gji.oxfordjournals.org/cgi/reprint/ggt518?ijkey=fVzyZUt7RVrROmg&keytype=ref>
  • Jackson, A., Sheyko,A., Marti, P., Tilgner, A., Cebron, D., Vantieghem, S., Simitev, R., Busse, F., Zhan, X., Schubert, G., Takehiro, S., Sasaki, Y., Hayashi, Y.-Y., Ribeiro, A., Nore, C., Guermond, J.-L., 2014 : A spherical shell numerical dynamo benchmark with pseudo-vacuum magnetic boundary conditions, Geophysical Journal International, 196, 712--723, doi: 10.1093/gji/ggt425 <URL:http://gji.oxfordjournals.org/content/early/2013/11/21/gji.ggt425.abstract>
  • Iwayama, T., and Watanabe, T., Universal spectrum in the infrared range of two-dimensional turbulent flows. Phys. Fluids vol. 26(2014), 025105 (29 pages).

査読なし論文

  • 石渡正樹, 中島健介, 林祥介, 荻原弘尭 2014: 系外惑星大気シミュレーションモデルの開発: 火星ダスト循環過程の実装実験. 国立環境研究所スーパーコンピュータ利用研究年報平成25年度, 141-149.

学会発表

  • Yoshiyuki O. Takahashi, Yoshi-Yuki Hayashi, Shinichi Takehiro, Masaki Ishiwatari, Kensuke Nakajima, George L. Hashimoto, and Masanori Onishi, 2015: Development of a general circulation model for earth-like planetary atmospheres, 平成 26 年度系外惑星大研究会, 2015 年 3 月 2 日 〜 3 月 3 日, 東京大学 情報学環 福武ホール
  • M. Ishiwatari, Y. Abe, Y.-Y. Hayashi, K. Nakajima, K. Kuramoto, Y. O. Takahashi, K. Narita, 2015: Numerical experiments on climates of synchronously rotating planets with a general circulation model 平成 26 年度系外惑星大研究会 2015 年 3 月 2 日, 東京大学 情報学環 福武ホール
  • Masanori Onishi, Yasuto Takahashi, Yoshiyuki O. Takahashi, Yutaka Abe, Keiko Hamano, George L. Hashimoto, Yoshi-Yuki Hayashi, Masaki Ishiwatari, Hajime Kawahara, Kiyoshi Kuramoto, 2015: Development of a radiative transfer model for steam atmospheres and application to Earth-like planets, 平成 26 年度系外惑星大研究会, 2015 年 3 月 2 日, 東京大学 情報学環 福武ホール
  • 竹広真一, 高橋芳幸, 中島健介, 林祥介, 2015: 深部対流を考慮した木星型惑星大気循環の多様性 -- 下面熱流分布と大気層厚さの依存性 平成 26 年度系外惑星大研究会, 2015 年 3 月 2 日 〜 3 月 3 日, 東京大学 情報学環 福武ホール (本郷キャンパス)
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 高橋芳幸, 乙部直人, 西澤誠也, 林祥介, はしもとじょーじ, 長谷川晃一, 榊原篤志, 坪木和久, 2014: 火星版 CReSS を用いた火星表層環境評価, 名古屋大学 地球水循環研究センター 共同研究発表会 2015 年 3 月 2 日, 名古屋大学 地球水循環研究センター
  • 宮本英昭, 小松吾郎, 臼井寛裕, 三浦弥生, 石上玄也, 小高正嗣, 亀田真吾, 杉田精司, 杉山耕一朗, 高橋芳幸, 長勇一朗, 西澤誠也, 野々村拓, はしもとじょーじ, 林祥介, 藤田和央, 逸見良道, 諸田智克, 山口結花, 2015: 火星着陸探査技術実証における着陸地点候補と環境予測, 第15回宇宙科学シンポジウム, 2015 年 1 月 6 日 〜 1 月 7 日, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 (講演番号 P-197)
  • 野々村拓, 畠中龍太, 小高正嗣, 杉山耕一郎, 高橋芳幸, 西澤誠也, 林祥介, はしもとじょーじ, 藤田 和央, 2014: 火星着陸探査機のための火星環境評価, 第58回宇宙科学技術連合講演会 (講演番号U58675) 2014 年 11 月 12 日 (水) 〜 11 月 14 日 (金) 長崎ブリックホール
  • K. Nakajima, K. Sugiyama, M. Odaka, K. Kuramoto, Y.-Y. Hayashi, 2014: Numerical Simulations of Jupiter's Moist Convection Layer: Structure and Dynamics in Statistically Steady States, 46th Meeting of the Division for Planetary Sciences with Historical Astronomy Division (HAD), American Astronomical Siciety, 13th November 2014, JW Marriott Starr Pass, Arizona, USA (Presentation ID 422.26)
  • 林祥介, 西澤誠也, 八代尚, 小高正嗣, 高橋芳幸, 富田浩文, 竹広真一, 石渡正樹, 中島健介, 佐藤陽祐, 杉山耕一朗, 2014: 惑星探査計画に資する、惑星大気の高解像度実験, 平成24年度「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題 成果報告会 2014 年 10 月 31 日 コクヨホール
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 高橋芳幸, 乙部直人, 西澤誠也, はしもとじょーじ, 長谷川晃一, 榊原篤志, 坪木和久, 2014: 雲解像モデル CReSS の火星大気への適用: 混合長の取り扱い 日本気象学会 2014 年度秋季大会, 2014 年 10 月 21 日, 福岡国際会議場(講演番号B162)
  • 荻原弘尭, 高橋芳幸, 石渡正樹, 小高正嗣, 林祥介, 2014: 火星におけるダスト循環過程スキームの DCPAM への実装とそれを用いた地表 面ダストフラックスのパラメータ実験 日本気象学会 2014 年度秋季講演会, 2014 年 10 月 21 日, 福岡国際会議場(講演番号B158)
  • 石渡正樹, 阿部豊, 倉本圭, 高橋芳幸, 中島健介, 林祥介, 2014: 非灰色放射および雲スキームを用いた同期回転惑星大気の数値実験: 昼夜間熱輸送量に関する考察. 日本気象学会 2014 年度秋季講演会, 2014 年 10 月 21 日, 福岡国際会議場(講演番号B167)
  • 大西 将徳, はしもとじょーじ, 倉本圭, 高橋芳幸, 石渡正樹, 林祥介, 2014: 系外惑星大気の 3 次元計算のための放射モデル開発 日本気象学会 2014 年度秋季講演会, 2014 年 10 月 21 日, 福岡国際会議場(講演番号B168)
  • 杉山 耕一朗, 中島 健介, 小高 正嗣, 倉本 圭, 林 祥介, 2014: 木星大気の雲対流と大気構造, 日本気象学会 2014 年度秋季大会, 2014 年 10 月 21 日, 福岡国際会議場(講演番号B163)
  • 小高正嗣, 杉山耕一朗, 高橋芳幸, 西澤誠也, 林祥介, はしもとじょーじ, 2014: 着陸機による火星探査のための表層環境評価 日本気象学会 2014 年度秋季大会, 2014 年 10 月 21 日, 福岡国際会議場(講演番号B161)
  • 高橋芳幸, 2014 : 惑星大気モデリング—探査・系外惑星をにらんで 日本気象学会 2014 年度秋季講演会 シンポジウム「惑星大気研究の最前線」, 2014 年 10 月 22 日, 福岡国際会議場
  • 佐々木 洋平, 竹広真一, 石岡圭一, 中島健介, 林祥介, 2014: 高速回転する薄い球殻中の対流により引き起こされる表層の帯状流 日本気象学会 2014 年度秋季大会, 2014 年 10 月 21 日 (火), 福岡国際会議場
  • 荻原弘尭, 高橋芳幸, 石渡正樹, 小高正嗣, 林祥介, 2014: 火星ダスト巻き上げスキームの大気大循環モデル DCPAM への実装及びダスト巻き上げフラックス診断実験, 日本惑星科学会 2014 年度秋季講演会 2014 年 9 月 24 日, 東北大学片平キャンパスさくらホ−ル(講演番号 O1-03)
  • 石渡正樹, 阿部豊, 倉本圭, 高橋芳幸, 中島健介, 林祥介, 2014 : 同期回転惑星大気の数値実験: 昼夜間熱輸送に関する検討 日本惑星科学会 2014 年度秋季講演会 2014 年 9 月 24 日, 東北大学片平キャンパスさくらホ−ル(講演番号 O1-05)
  • 大西将徳, はしもとじょーじ, 倉本圭, 高橋芳幸, 石渡正樹, 高橋康人, 林祥介, 2014: 大気大循環モデルのための放射モデル開発: 日本惑星科学会2014年秋季講演会 2014 年 9 月 24 日, 東北大学片平キャンパスさくらホ−ル(講演番号O1-04)
  • 杉山耕一朗, 中島健介, 小高正嗣, 倉本圭, 林祥介, 2014: 木星型惑星を想定した雲対流の数値計算, 日本惑星科学会2014年秋季講演会 2014 年 9 月 24 日, 東北大学片平キャンパスさくらホ−ル(講演番号P1-01)
  • 山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2014: 初期火星大気中の主成分凝結対流の二次元数値実験 - 雲分布の凝結核数混合比に対する依存性 - 日本惑星科学会2014年秋季講演会 2014 年 9 月 24 日, 東北大学片平キャンパスさくらホ−ル(講演番号O1-06)
  • K. Sugiyama, K. Nakajima, M. Odaka, K. Kuramoto, Y.-Y. Hayashi, 2014: Numerical simulations of Jupiter's moist convection layer: Structureand dynamics in statistically steady states, The Joint Workshop of 6th International Workshop on Global Cloud Resolving Modeling and 3rd International Workshop on Nonhydrostatic Numerical Models. 24th - 26th, September, 2014, RIKEN/AICS, Kobe, Japan.
  • K. Sugiyama, M. Odaka, K. Nakajima, Y. O. Takahashi, S. Nishizawa, N. Otobe, G. L. Hashimoto, K. Hasegawa, A. Sakakibara, and K. Tsuboki, 2014: Assessment of Mars surface environment for a exploration program using CReSS-Mars, a convection resolving numerical model adjusted for Mars atmosphere, The Joint Workshop of 6th International Workshop on Global Cloud Resolving Modeling and 3rd International Workshop on Nonhydrostatic Numerical Models. 24th - 26th, September, 2014, RIKEN/AICS, Kobe, Japan.
  • 佐々木洋平, 竹広真一, 石岡圭一, 中島健介, 林祥介, 2014: 高速回転する薄い球殻内の熱対流により引き起こされる表層の帯状流 2014 年日本流体力学会年会, 2014 年 9 月 15 日, 東北大学川内北キャンパス
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 高橋芳幸, 西澤誠也, 林祥介, はしもとじょーじ, 火星表層環境評価チーム, 2014: 数値気象モデルを用いた着陸探査のための火星表層環境評価, 第47回 月・惑星シンポジウム, 2014 年 8 月 4 日, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
  • Hiroki KASHIMURA, Norihiko SUGIMOTO, Masahiro TAKAGI, Wataru OHFUCHI, Takeshi ENOMOTO, Yoshiyuki TAKAHASHI, Yoshi-Yuki HAYASHI, 2014: Energy Spectra of Atmospheric Motions Simulated by a High-Resolution General Circulation Model of Venus, AOGS 2014, 31th July 2014, Royton Sapporo Hotel, Japan
  • Hirotaka OGIHARA, Yoshiyuki O. TAKAHASHI, Masaki ISHIWATARI, Masatsugu ODAKA, Yoshi-Yuki HAYASHI, 2014: Implementation of Martian dust lifting scheme into DCPAM, and a diagnosis experiment of surface dust flux, AOGS 2014, 28th July 2014, Royton Sapporo Hotel, Japan
  • Yasuto. Takahashi, G. Hashimoto, M. Ishiwatari, Yoshiyuki. Takahashi, M. Onishi, K. Kuramoto, 2014: Tropospheric coling rates of gas giant planet in the solar system, AOGS 2014, 28th July 2014, Royton Sapporo Hotel, Japan
  • Ko-ichiro SUGIYAMA, Kensuke NAKAJIMA, Masatsugu ODAKA, Kiyoshi KURAMOTO, Yoshi-Yuki HAYASHI, 2014: Numerical Simulations of Jupiter’s Moist Convection Layer: Structure and Dynamics in Statistically Steady States, AOGS 2014, 28th July 2014, Royton Sapporo Hotel, Japan
  • Yoshi-Yuki Hayashi, 2014: Japanese Activities toward Constructing General Circulation Models of Planetary Atmospheres, AOGS 2014, 31th July 2014, Royton Sapporo Hotel, Japan
  • Nishizawa, S., H. Yashiro, M. Odaka, Y. O. Takahashi, Y.-Y. Hayashi, H. Tomita, S. Takehiro, M. Ishiwatari, K. Nakajima, Y. Sato, K. Sugiyama, 2014: High-resolution large-eddy simulation of the Martian planetary boundary layer, AOGS 2014, 30th July 2014, Royton Sapporo Hotel, Japan
  • Yoshiyuki TAKAHASHI, Yoshi-Yuki HAYASHI, Masatsugu ODAKA, Wataru OHFUCHI, 2014: Small and Medium Scale Disturbances and Dust Lifting Represented in High Resolution Simulation of Martian Atmosphere, AOGS 2014, 30th July 2014, Royton Sapporo Hotel, Japan
  • Tatsuya YAMASHITA, Masatsugu ODAKA, Ko-Ichiro SUGIYAMA, Kensuke NAKAJIMA, Masaki ISHIWATARI, Yoshi-Yuki HAYASHI, 2014: A 2D Numerical Simulation of Atmospheric Convection with Condensation of Major Component Under Early Mars, AOGS 2014 31th July 2014, Royton Sapporo Hotel, Japan
  • Masatsugu Odaka, Ko-Ichiro Sugiyama, Yoshiyuki Takahashi, Seiya Nishizawa, Yoshi-Yuki Hayashi, George Hashimoto, 2014: Assessment of Mars surface environment for MELOS1 lander using Planetary General circulation model DCPAM AOGS 2014, 30th July 2014, Royton Sapporo Hotel, Japan
  • 樫村博基, 杉本憲彦, 高木征弘, 大淵済, 榎本剛, 高橋芳幸, 林祥介, 2014: 簡易金星版 AFES 高解像度計算のエネルギースペクトル, 2014 年日本気象学会春季大会, 2014 年 5 月 24 日, 横浜市開港記念会館, 横浜情報文化センター (講演番号 D451)
  • 杉山耕一朗, 中島健介, 小高正嗣, 倉本圭, 林祥介, 2014: 巨大惑星を想定した雲対流の 2 次元数値計算, 日本気象学会 2014 年度春季大会, 2014 年 5 月 24 日, 横浜市開港記念会館, 横浜情報文化センター (講演番号 P446)
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 高橋芳幸, 西澤誠也, 林祥介, はしもとじょーじ, 2014: 惑星大気大循環モデル dcpam を用いた MELOS ローバのための火星表層環境評価, 2014 年日本気象学会春季大会, 2014 年 5 月 23 日, 横浜市開港記念会館, 横浜情報文化センター (講演番号 P345)
  • 樫村博基, 杉本憲彦, 高木征弘, 大淵済, 榎本剛, 高橋芳幸, 林祥介 2014: 簡易金星大気大循環モデル高解像度計算の運動エネルギースペクトル, 日本地球惑星科学連合 2014 年大会, 2014 年 5 月 1 日, パシフィコ横浜 (講演番号 PCG38-07)
  • 荻原弘尭, 高橋芳幸, 石渡正樹, 小高正嗣, 林祥介, 2014: 火星におけるダスト巻き上げスキームの DCPAM への実装と それを用いた地表面ダストフラックス診断実験, 日本地球惑星科学連合 2014 年大会, 2014 年 5 月 1 日, パシフィコ横浜 (講演番号 PPS02-P02)
  • 大西 将徳, はしもとじょーじ, 倉本圭, 高橋芳幸, 高橋康人, 石渡正樹, 林祥介 2014: Line-by-line 放射計算による水蒸気大気の放射特性. 日本地球惑星科学連合 2014 年大会. 2014 年 4 月 28 日, パシフィコ横浜 (講演番号 P-PS21)
  • 杉山耕一朗, 中島健介, 小高正嗣, 倉本圭, 林祥介, 2014: 巨大惑星を想定した雲対流の 2 次元数値計算, 日本地球惑星科学連合 2014 年大会, 2014 年 5 月 1 日, パシフィコ横浜 (講演番号 PCG38-P03)
  • 小高正嗣, 杉山耕一朗, 高橋芳幸, 西澤誠也, 林祥介, はしもとじょーじ, 2014: 惑星大気大循環モデル DCPAM を用いた MELOS1 探査機のための火星表層環境評価, 日本地球惑星科学連合 2014 年大会, 2014 年 4 月 28 日, パシフィコ横浜 (講演番号 : PPS02-P03)
  • 佐々木洋平, 竹広真一, 石岡圭一, 中島健介, 林祥介, 2014: 高速に回転する薄い球殻内の熱対流により引き起こされる表層の帯状流. 日本地球惑星科学連合 2014 年大会, 2014 年 5 月 1 日, パシフィコ横浜 (講演番号 PCG38-01)

博士論文

修士論文

卒業論文

2013 年

査読付き論文

  • Sasaki, Y., Takehiro, S., Nishizawa, S., Hayashi, Y.-Y., 2013: Effects of latitudinally heterogeneous buoyancy flux conditions at the inner boundary on MHD dynamo in a rotating spherical shell, Phys. Earth Planet. Inter, 223, 55--61.
  • Nakajima, K., Yamada, Y., Takahashi Y. O., Ishiwatari, M., Ohfuchi, W., Hayashi, Y.-Y. 2013: The variety of forced atmospheric structure in response to tropical SST amonaly in the Aqua-planet experiments Journal of the Meteorological Society of Japan, 91A, 143-193.
  • Nakajima, K., Yamada, Y., Takahashi Y. O., Ishiwatari, M., Ohfuchi, W., Hayashi, Y.-Y., 2013: The variety of spontaneously generated tropical precipitation patterns found in APE results. Journal of the Meteorological Society of Japan, 91A, 91-141.
  • Blackburn et al, 2013: The Aqua-Planet Experiment (APE): CONTROL SST simulation Journal of the Meteorological Society of Japan, 91A, 17-56.
  • Williamson et al, 2013: The Aqua-Planet Experiment (APE): Response to Changed SST Profiles Journal of the Meteorological Society of Japan, 91A, 57-89.
  • Iwayama, T., Sueyoshi, M. and Watanabe, T., Linear stability analysis of parallel shear flows for an inviscid generalized two-dimensional fluid system. J. Phys. A. vol. 46 (2013), 065501 (21 pages).

査読なし論文

  • 佐々木洋平, 竹広真一, 中島健介, 林祥介, 2013: 注目研究 in 年会 2013 「回転球殻内の非弾性熱対流の線形安定性」, ながれ 32 (2013) 469-472.
  • Takehiro, S., Sasaki, Y., Hayashi, Y.-Y., Yamada, M., 2013 : Differential rotation and angular momentum transport caused by thermal convection in a rotating spherical shell. Progress in Physics of the Sun and Stars: A New Era in Helio- and Asteroseismology, ASP Conference Series, Vol. 479, 285--294. H. Shibahashi and A. E. Lynas-Gray, eds.
  • Yoshi-Yuki Hayashi, Yoshiyuki O. Takahashi, Norihiko Sugimoto, Masahiro Takagi, Masaki Ishiwatari, Masatsugu Odaka, Shinichi Takehiro, Kensuke Nakajima, George L. Hashimoto, Yoshihisa Matsuda, 2013: Simulations of Atmospheric General Circulations of Earth-like Planets by AFES, CenterAnnual Report of the Earth Simulator,

学会発表

  • 林 祥介, 高橋芳幸, 高木征弘, 杉本憲彦, 大淵渡, AFES 惑星大気大循環グループ, 2013: AFES を用いた地球型惑星の大気大循環シミュレーション, 平成 25 (2013) 年度地球シミュレータ利用報告会 2014 年 1 月 27-28 日, JAMSTEC 地球シミュレータセンター
  • Yoshiyuki O. Takahashi, Yoshi-Yuki Hayashi, 2014: DUST LIFTING REPRESENTED IN A HIGH RESOLUTION MARS ATMOSPHERE GENERAL CIRCULATION MODEL, Fifth International Workshop on the Mars Atmosphere: Modeling and Observations, 13th-16th January, 2014, Oxford, UK.
  • 高橋芳幸, dcmodel グループ, 2014: 惑星大気大循環モデルの構築の現状, 系外惑星大気ワークショップ2014/惑星大気研究会 2014 年 1 月 6 日 (月) 〜 7 日 (火), 国立天文台三鷹
  • 大西 将徳, はしもとじょーじ, 倉本圭, 高橋芳幸, 高橋康人, 石渡正樹, 林祥介, 2014: 系外惑星の放射モデル開発と水蒸気大気への応用, 系外惑星大気ワークショップ2014/惑星大気研究会, 2014 年 1 月 6 日 (月) 〜 7 日 (火), 国立天文台三鷹
  • Takahashi, Y. O., Y.-Y. Hayashi, K. Kuramoto, G. L. Hashimoto, M. Ishiwatari, M. Onishi, S. Takehiro, dcmodel project, 2013: Development of a general circulation model for earth-like planetary atmospheres and its application, 5th Subaru International Conference: Exoplanets and Disks: Their Formation and Diversity II Registration Form, Dec. 8th 2013, Sheraton Kona Resort & Spa Keauhou Bay, The Big island of Hawaii.
  • Onishi, M., G. L. Hashimoto, K. Kuramoto, Y. O. Takahashi, Y. Takahashi, M. Ishiwatari, Y.-Y. Hayashi: Development of radiative transfer model for exoplanets with steam atmospheres, 5th Subaru International Conference: Exoplanets and Disks: Their Formation and Diversity II Registration Form, Dec. 9th 2013, Sheraton Kona Resort & Spa Keauhou Bay, The Big island of Hawaii.
  • Takehiro, S., Sasaki, Y., Takahashi, Y. O., Nakajima, K., Hayashi, Y.-Y., Kuramoto, K., 2013 : Diversity of atmospheric circulations of sycronized rotating Jovian type planets. 5th Subaru International Conference: Exoplanets and Disks: Their Formation and Diversity II Registration Form, Dec. 11th 2013, Sheraton Kona Resort & Spa Keauhou Bay, The Big island of Hawaii.
  • Ishiwatari, Abe, Kuramoto, Takahashi, 2013: Numerical experiments on atmospheres of synchronously rotating planets: a case with a non-gray radiation scheme and a cloud scheme, 5th Subaru International Conference: Exoplanets and Disks: Their Formation and Diversity II Registration Form, Dec. Xth 2013, Sheraton Kona Resort & Spa Keauhou Bay, The Big island of Hawaii.
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 西澤誠也, 高橋芳幸, 乙部直人, はしも とじょーじ, 長谷川晃一, 榊原篤志, 坪木和久, 2014: CReSS-Mars の開発と 気象予測に向けた数値実験, HyARC共同研究「偏波レーダと雲解像モデルの高度利用による雲・降水・大気 水循環研究」「大気海洋現象のリモートセンシング技術の開発」合同研究集会, 2013 年 12 月 5 日, NICT 独立行政法人 情報通信研究機構 沖縄電磁波研究センター
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 高橋芳幸, 西澤誠也, 乙部直人, はしもとじょーじ, 長谷川晃一, 榊原篤志, 坪木和久, 2013: CReSS を用いた火星気象予測実験, 日本惑星科学会 2013 年度秋季講演会, 2013 年 11 月 22 日, 石垣市民会館 (講演番号 P3-29).
  • 高橋 芳幸, 竹広 真一, 林 祥介 2013: 大気大循環モデルを用いた木星型惑星大気の数値実験, 日本惑星科学会 2013 年度秋季講演会, 2013 年 11 月 22 日, 石垣市民会館 (講演番号 O13-01).
  • 石渡正樹, 阿部豊, 倉本圭, 高橋 芳幸, 2013: 同期回転惑星大気の数値実験: 非灰色放射スキームと雲スキームを用いた場合 日本惑星科学会 2013 年度秋季講演会, 2013 年 11 月 22 日, 石垣市民会館 (講演番号 O13-03).
  • 石渡正樹, 阿部豊, 倉本圭, 高橋芳幸, 2013: 雲の存在を考慮した同期回転惑星大気の数値実験. 日本気象学会 2013 年度春季大会, 2013 年 11 月 19 日, 仙台国際センター (講演番号 D102)
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 高橋芳幸, 西澤誠也, 乙部直人, はしもとじょーじ, 長谷川晃一, 榊原篤志, 坪木和久, 2013: CReSS を用いた火星気象予測実験, 日本気象学会秋季大会, 2013 年 11 月 19 日, 仙台国際センター (講演番号 P116).
  • 高橋芳幸, 竹広真一, 林祥介, 2013 : 大気大循環モデルを用いた木星型惑星大気の数値実験, 日本気象学会秋季大会, 2013 年 11 月 19 日, 仙台国際センター (講演番号 D101).
  • 石岡 翔, はしもと じょーじ, 高橋 芳幸, 2013 : DCPAMを用いた惑星熱収支の自転角速度依存性に関する研究, 日本気象学会秋季大会, 2013 年 11 月 19 日, 仙台国際センター (講演番号 A117).
  • 高橋芳幸, 竹広真一, 林祥介, 2013: 大気大循環モデルを用いた木星型惑星大気の数値実験, 第134回 SGEPSS総会および講演会, 2013 年 11 月 XX 日, 高知大学.
  • Takehiro, S., Sasaki, Y., Hayashi, Y.-Y., Yamada, M., 2013: Differential rotation and angular momentum transport caused by thermal convection in rotating spherical shells, 京都大学数理解析研究所合宿型セミナー 「Mathematical analysis of magneto-hydrodynamical processes in stars」, 2013 年 9 月 26 日, 関西セミナーハウス.
  • Sasaki, Y., Takehiro, S., Kuramoto, K., Hayashi, Y.-Y. 2013: Weak-field dynamo emerging in a rotating spherical shell with stress-free top and no-slip bottom boundaries, 京都大学数理解析研究所合宿型セミナー 「Mathematical analysis of magneto-hydrodynamical processes in stars」, 2013 年 9 月 26 日, 関西セミナーハウス.
  • 佐々木洋平, 竹広真一, 中島 健介, 林祥介, 2013: 回転球殻内の非弾性流体熱対流の線型安定性, 2013 年日本流体力学会年会 2013 年 9 月 13 日, 東京農工大学.
  • 竹広真一, 佐々木洋平, 林祥介, 山田道夫, 2013: 回転球殻内の熱対流による角運動量輸送と太陽差分回転について, 2013 年日本流体力学会年会 2013 年 9 月 13 日 東京農工大学. [詳細]
  • 西澤誠也, 八代尚, 宮本佳明, 小高正嗣, 高橋芳幸, 林祥介, 富田浩文, 竹広真一, 石渡正樹, 中島健介, 佐藤陽祐, 杉山耕一朗, Team SCALE, 地球流体電脳倶楽部, 2013: 火星境界層乱流の LES 実験, 第46回月・惑星シンポジウム, 2013 年 8 月 6 日, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部.
  • 高橋芳幸, 地球流体電脳倶楽部 dcmodel プロジェクト, 2013: 惑星大気大循環モデルを用いた数値シミュレーション, 「宇宙生命計算科学連携拠点」ワークショップ, 2013 年 6 月 29 日, 筑波大学.
  • 林祥介, 2013 : 地球流体電脳倶楽部 --知見情報とシミュレーションモデル開発の試み--, 「宇宙生命計算科学連携拠点」ワークショップ, 2013 年 6 月 29 日, 筑波大学.
  • 佐々木 洋平, 竹広 真一, 中島 健介, 林 祥介, 2013: 恒星・ガス惑星・氷惑星内部を念頭においた非弾性球殻対流モデル, 日本地球惑星科学連合 2013 年大会 2013 年 5 月 20 日: 幕張メッセ国際会議場 (講演番号 P-PS21-05).
  • Yoshiyuki O. Takahashi, Yoshi-Yuki Hayashi, and GFD Dennou Club, 2013: Meridional circulation of Martian middle atmosphere represented by a Mars general circulation model, 日本地球惑星科学連合 2013 年大会 2013 年 5 月 21 日: 幕張メッセ国際会議場 (講演番号 P-PS04-P02).
  • 杉山耕一朗, 中島健介, 小高正嗣, 石渡正樹, 倉本圭, 西澤誠也, 高橋芳幸, 林祥介, 2013: 木星大気の雲対流の直接数値計算: 雲対流の間欠性に関する考察, 日本地球惑星科学連合 2013 年大会, 2013 年 5 月 23 日, 幕張メッセ国際会議場 (講演番号 PCG31-15).
  • 山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2013 : A 2D numerical simulation of atmoepheric convection with condensation of major component under early Mars condition, 日本地球惑星科学連合 2013 年大会, 2013 年 5 月 21 日, 幕張メッセ国際会議場 (講演番号 P-PS04-02).
  • 杉山耕一朗, 中島健介, 小高正嗣, 石渡正樹, 倉本圭, 西澤誠也, 高橋芳幸, 林祥介, 2013: 木星大気の雲対流の直接数値計算: 雲対流の間欠性に関する考察, 日本気象学会 2013 年度春季大会, 2013 年 5 月 18 日, 国立オリンピック記念青少年総合センター.
  • 山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2013: 初期火星大気中の主成分凝結対流の二次元数値実験 - 臨界飽和比と凝結核数 密度に対する依存性 - 日本気象学会 2013 年度春季大会, 2013 年 5 月 17 日, 国立オリンピック記念青少年総合センター.

博士論文

修士論文

卒業論文

2012 年

査読付き論文

  • Ishiwatari, M., Toyoda, E., Morikawa, Y., Takehiro, S., Sasaki, Y., Nishizawa, S., Odaka, M., Otobe, N., Takahashi, Y. O., Nakajima, K., Horinouchi, T., Shiotani, M., Hayashi, Y.-Y., Gtool development group, 2012: "Gtool5": a Fortran90 library of input/output interfaces for self-descriptive multi-dimensional numerical data, Geosci. Model Dev., 5, 449-455. doi:10.5194/gmd-5-449-2012.
  • Nakajima, K., Yamada, Y., Ishiwatari, M., Hayashi, Y.-Y., 2012: Dependence of equatorial precipitation activity on the vertical profile of radiative cooling in an aqua-planet experiment, NAGARE 31, NAGARE Multimedia, http://www2.nagare.or.jp/mm/2012/nakajima/index.htm
  • 杉山耕一朗, 中島健介, 小高正嗣, 石渡正樹, 倉本圭, 高橋芳幸, 林祥介, 2012: 木星の大気構造と雲対流, 遊星人, 21, 39--44. https://www.wakusei.jp/book/pp/2012/2012-1/2012-1-039.pdf
  • 杉山耕一朗, 鈴木絢子, 高橋隼, 中村友昭, 真鍋翔, 堺正太朗, 鶴巻亮一, 中岡礼奈, 辰巳信平, 谷伊織, 加藤則行, 梅本隆史, 押川智美, 三上峻, 倉本圭, 林祥介, 中川義次, 惑星科学研究センター, 2012: 惑星科学研究センター(CPS)における知見アーカイブ, 遊星人, 21, 368--376. https://www.wakusei.jp/book/pp/2012/2012-4/2012-4-368.pdf

査読なし論文

  • N. Sugimoto, M. Takagi, Y. Matsuda, Y.O. Takahashi, M. Ishiwatari, Y.-Y. Hayashi, 2012: Toward high resolution simulation for the atmosphere on Venus by AFES (Atmospheric GCM For the Earth Simulator). Proceedings of Inernational Conference on Simulation and Technology (JSST 2012), 315--341.
  • Takehiro, S., Takahashi, Y. O., Sugiyama, K., Odaka, M., Ishiwatari, M., Sasaki, Y., Nishizawa, S., Ishioka, K., Nakajima, K., Hayashi, Y.-Y., 2012: Construction of Hierarchical Models for the Fluid Dynamics in Earth and Planetary Sciences : DCMODEL project. Proceeding of Inernational Conference on Simulation and Technology (JSST 2012), 301--306.
  • Youhei Sasaki, Shin-ichi Takehiro, Kensuke Nakajima, Yoshi-Yuki Hayashi, 2012 : Surface zonal flow induced by turbulent convection in rapidly rotating spherical shells. Proceedings of Inernational Conference on Simulation and Technology (JSST 2012), 307--309.

学会発表

  • 竹広真一, 佐々木洋平, 林祥介, 山田道夫 2013: 回転球殻内の熱対流によって引き起こされる差分回転と角運動量輸送. 2013 年日本天文学会春季大会, 2013 年 3 月 22 日, 埼玉大学.
  • Y. O. Takahashi, Y.-Y. Hayashi, 2013 : Meridional Circulation of Martian Middle Atmosphere Simulated by a Mars General Circulation Model, 44th Lunar and Planetary Science Conference March, 21th, 2003, Woodlands, Texas.
  • S. Noda, M. Ishiwatari, K. Nakajima, Y. O. Takahashi, S. Nishizawa, M. Onishi, G. L. Hashimoto, K. Kuramoto, Y.-Y. Hayashi, 2013: A numerical study on atmospheric general circulations of synchronously rotating aqua-planets: Dependence on planetary rotation rate and solar constant, 44th Lunar and Planetary Science Conference, March, 21th, 2003, Woodlands, Texas.
  • 西澤誠也, 林祥介, 2013: 惑星探査計画に資する惑星大気の高解像度実験, 平成24年度「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題中間報告会, 2013 年 3 月 14 日, イイノカンファレンスセンター.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 竹広真一, 大西将徳, 西澤誠也, 林祥介, 2013: 海洋に覆われた同期回転惑星の大気大循環, 第 62 回理論応用力学講演会, 2013 年 3 月 7 日, 東京工業大学大岡山キャンパス.
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 高橋芳幸, 乙部直人, はしもとじょーじ, 地球流体電脳倶楽部 dcmodel プロジェクト, 2013: CReSS を用いた火星探査のための気象予測実施計画, 平成24年度地球水循環研究センター計画研究報告会・CReSS 15周年研究会, 2013 年 3 月 5 日, 名古屋大学地球水循環研究センター
  • 山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2013: 初期火星大気中の主成分凝結対流の二次元数値実験 - 臨界飽和比と凝結核数 密度に関するパラメータ依存性 -, 第 27 回大気圏シンポジウム, 2013 年 3 月 1 日, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 竹広真一, 大西将徳, 西澤誠也, 林祥介, 2013: 海洋に覆われた同期回転惑星の大気大循環, 第 62 回理論応用力学講演会, 2013 年 3 月 7 日, 東京工業大学大岡山キャンパス.
  • 竹広真一, 高橋 芳幸, 西澤 誠也, 林祥介, 地球流体電脳倶楽部 2013: 地球流体電脳倶楽部 DCMODELプロジェクトと 数値モデルを用いた惑星大気研 究について. 平成 24 年度宇宙科学情報解析シンポジウム, 2013 年 2 月 15 日, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部.
  • Shin-ichi Takehiro, Yoshiyuki O. Takahashi, Ko-ichiro Sugiyama, Masatsugu Odaka, Masaki Ishiwatari, Youhei Sasaki, Seiya Nishizawa, Keiichi Ishioka, Kensuke Nakajima, Yoshi-Yuki Hayashi, 2013: Construction of Hierarchical Models for Fluid Dynamics in Earth and Planetary Sciences : DCMODEL project, 惑星大気小研究会, 2013 年 2 月 5 日, 惑星科学研究センター
  • Tatsuya Yamashita, M. Odaka, K. Sugiyama, K. Nakajima, M. Ishiwatari, Y.-Y. Hayashi, 2013: Two-dimensional simulation of Early Martian atmospheric convection with the major component condensation - Parameter experiments on critical saturation ratio and number density of condensation nuclei -, 惑星大気小研究会, 2013 年 2 月 5 日, 惑星科学研究センター
  • 林 祥介, 高橋芳幸, 高木征弘, 杉本憲彦, 大淵渡, AFES 惑星大気大循環グループ, 2012: AFES を用いた地球型惑星の大気大循環シミュレーション 平成 24 (2012) 年 度地球シミュレータ利用報告会, 2013 年 1 月 30-31 日, JAMSTEC 地球シミュレータセンター
  • 林祥介, 2013: 惑星大気の対流現象, 京都大学数理解析研究所共同研究集会 「多重物理・多重スケール乱流現象の数理」, 2013 年 1 月 11 日, 京都大学数理解析研究所.
  • 高橋芳幸 : 火星大気大循環モデルで表現される中層大気循環, 火星大気圏・電磁圏研究会, 2012 年 12 月 20 日, 立教大学
  • 石渡正樹, 林祥介, 中島健介, 高橋芳幸, 小高正嗣, 地球流体電脳倶楽部, 2012: 系外惑星大気シミュレーションモデルの開発: ダスト過程の実装と火星大気実験 平成24年度国立環境研究所スーパーコンピュータ利用研究報告会 2012 年 12 月 11 日, 国立環境研究所
  • Sugiyama, K., Nakajima, K., Odaka, M., Ishiwatari, M., Kuramoto, K., Nishizawa, S., Takahashi, Y.O., Hayashi, Y.-Y., 2012: Numerical Modeling of Cloud Convection in Jupiter's Atmosphere: robustness and a mechanism of the intermittent emergence of vigorous cumulonimbus clouds. AGU's 2012 Fall Meeting, Dec. 3rd 2012, Moscone Center, San Francisco, CA, US (Presentation Number P13B-1932)
  • Yoshiyuki O. Takahashi, Kouichirou Sugiyama, Masatsugu Odaka, Masaki Ishiwatari, Youhei Sasaki, Seiya Nishizawa, Kensuke Nakajima, Shin-ichi Takehiro, Yoshi-Yuki Hayashi, 2012: Construction of Hierarchical Models for the Fluid Dynamics in Earth and Planetary Sciences : DCMODEL project. AGU's 2012 Fall Meeting. Dec. 6th 2012, Moscone Center, San Francisco, CA, US. (Presentation Number A43A-0126)
  • 高橋 芳幸, 地球流体電脳倶楽部 dcmodel プロジェクト, 2012: 惑星大気探査を見据えた大気大循環モデルの構築に向けてー 火星大気の場合, 日本惑星科学会 2012 年秋季講演会, 2012 年 10 月 25 日, 神戸大学統合研究拠点 (講演番号 O4-02)
  • 佐々木洋平, 竹広真一, 中島健介, 林祥介, 2012: 薄い回転球殻対流により引き起こされる表層の帯状流, 日本惑星科学会 2012 年秋季講演会, 2012 年 10 月 25 日, 神戸大学統合研究拠点 (講演番号 O4-04)
  • 西澤誠也, 八代尚, 宮本佳明, 小高正嗣, 高橋芳幸, 林祥介, 富田浩文, 竹広真一, 石渡正樹, 中島健介, 佐藤陽祐, 杉山耕一朗, Team SCALE, 地球流体電脳倶楽部, 2012: 火星境界層乱流の LES 実験, 日本惑星科学会 2012 年秋季講演会, 2012 年 10 月 25 日, 神戸大学統合研究拠点 (講演番号 O4-03)
  • 高橋芳幸, 地球流体電脳倶楽部 dcmodel プロジェクト 2012 : 火星大気探査を見据えた火星大気代循環モデルの構築, 第132回SGEPSS総会および講演会, 2012 年 10 月 23 日, 札幌コンベンションセンター (講演番号 B009-24)
  • 佐々木 洋平, 竹広 真一, 西澤 誠也, 林 祥介, SPMODEL開発グループ, 2012: 階層的地球流体スペクトルモデル集 SPMODEL を用いた 惑星磁場ダイナモ計算, 第132回SGEPSS総会および講演会, 2012 年 10 月 23 日, 札幌コンベンションセンター (講演番号 B009-25)
  • 杉本憲彦, 高木征宏, 松田佳久, 高橋芳幸, 石渡正樹, 林祥介, 2012 : AFES を用いた金星大気の傾圧不安定に関する研究, 日本気象学会 2012 年度秋季大会, 2012 年 10 月 3 日, 北海道大学学術交流会館・クラーク会館 (講演番号 C163)
  • 高橋 芳幸, dcmodel プロジェクト, 2012 : 火星大気探査を見据えた火星大気第循環モデルの構築に向けて, 日本気象学会 2012 年度秋季大会, 2012 年 10 月 3 日, 北海道大学学術交流会館・クラーク会館 (講演番号 C155)
  • 石渡正樹, 馬場健聡, 高橋芳幸, 竹広真一, 林祥介, 2012 : 惑星大気大循環モデル dcpam を用いた金星大気数値実験, 日本気象学会 2012 年度秋季大会, 2012 年 10 月 3 日, 北海道大学学術交流会館・クラーク会館 (講演番号 C160)
  • 西澤誠也, 八代尚, 宮本佳明, 小高正嗣, 高橋芳幸, 林祥介, 富田浩文, 竹広真一, 石渡正樹, 中島健介, 佐藤陽祐, 杉山耕一朗, Team SCALE, 地球流体電脳倶楽部, 2012 : 火星境界層乱流の LES 実験, 日本気象学会 2012 年度秋季大会, 2012 年 10 月 3 日, 北海道大学学術交流会館・クラーク会館 (講演番号 C156)
  • 佐々木洋平, 竹広真一, 中島健介, 林祥介, 2012: 薄い回転球殻対流により引き起こされる表層の帯状流. 日本気象学会 2012 年度秋季大会, 2012 年 10 月 3 日, 北海道大学学術交流会館・クラーク会館 (講演番号 C168)
  • N. Sugimoto, M. Takagi, Y. Matsuda, Y.O. Takahashi, M. Ishiwatari, Y.-Y. Hayashi, 2012: Toward high resolution simulation for the atmosphere on Venus by AFES (Atmospheric GCM For the Earth Simulator). JSST 2012 Inernational Conference on Simulation and Technology, Sep. 28th 2012, Port Island, Kobe, Japan (Presentation Number OS7-9)
  • Takehiro, S., Takahashi, Y. O., Sugiyama, K., Odaka, M., Ishiwatari, M., Sasaki, Y., Nishizawa, S., Ishioka, K., Nakajima, K., Hayashi, Y.-Y., 2012: Construction of Hierarchical Models for the Fluid Dynamics in Earth and Planetary Sciences : DCMODEL project, JSST 2012 Inernational Conference on Simulation andTechnology, Sep. 28th 2012, Port Island, Kobe, Japan (Presentation Number OS7-6)
  • Youhei Sasaki, Shin-ichi Takehiro, Kensuke Nakajima, Yoshi-Yuki Hayashi, 2012 : Surface zonal flow induced by turbulent convection in rapidly rotating spherical shells. JSST 2012 Inernational Conference on Simulation and Technology, Sep. 28th 2012, Port Island, Kobe, Japan (Presentation Number OS7-7)
  • 竹広 真一, 佐々木 洋平, 中島 健介, 林 祥介, 2012 : 熱フラックス固定条 件下での高速回転する円筒内の熱対流の 線形安定性に対するエクマン摩擦の 影響 日本流体力学会年会 2012, 2012 年 9 月 17 日, 高知大学朝倉キャンパス
  • 佐々木洋平, 竹広真一, 中島健介, 林祥介, 2012 : 薄い回転球殻対流により 引き起こされる表層の帯状流 日本流体力学会年会 2012, 2012 年 9 月 16 日, 高知大学朝倉キャンパス
  • 高橋芳幸, 地球流体電脳倶楽部 dcmodel プロジェクト, 2012: 惑星大気探査 を見据えた大気大循環モデルの構築に向けてー火星大気の場合, 第45回月惑 星シンポジウム, 2012 年 8 月 3 日, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
  • K. Nakajima, S. Noda, M. Ishiwatari, Y. O. Takahashi, S.Takehiro, Y. Morikawa, S. Nishizawa, Y.-Y. Hayashi, 2012: Atmospheric general circulations of synchronously rotating terrestrial planets: Dependence on planetary rotation rate Comparative Climatology of Terrestrial Planets, Comparative Climatology of Terrestrial Planets (2012), June 27th 2012, Hotel Boulderado, Boulder Colorado, US. (Presentation Number 8060) 2012 年 6 月 25-28 日 (27 日発表),
  • Sasaki, Y., Takehiro, S., Nishizawa, S., Nakajima, K., Hayashi Y.-Y., 2012 : Effects of latitudinally heterogeneous buoyancy flux conditions at the inner boundary on MHD dynamos in a rotating spherical shell. The 13th Symposium of SEDI, Study of the Earth's Deep Interior, July 1 to 6, 2012, University of Leeds, UK, in Parkinson Court.
  • Sasaki, Y., Takehiro, S., Nakajima, K., Hayashi Y.-Y., 2012: Development of an anelastic convection model in rotating spherical shells for stars, gas and icy giant planets. The 13th Symposium of SEDI, Study of the Earth's Deep Interior, July 1 to 6, 2012, University of Leeds, UK, in Parkinson Court.
  • 山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 高橋芳幸, 西澤誠也, 林 祥介, 2012 : 火星極冠上空を想定した主成分凝結対流の二次元数値実験, 日本気象学会 2012 年度春季大会, 2012 年 5 月 28 日, つくば国際会議場 (講演番号 B310)
  • 井谷優花, 高橋芳幸, 林祥介, 石渡正樹, 中島健介, 2012 : 惑星大気大循環モデルの開発−地球大気計算と大循環の自転軸依存性− 日本地球惑星科学連合 2012 年大会, 2012 年 5 月 23 日, 幕張メッセ国際会議場 (講演番号 MIS22-P06)
  • 山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 高橋芳幸, 西澤誠 也, 林 祥介, 2012 : Two-dimensional simulation of Martian atmospheric convection with the major component condensation over CO2 ice surface 日本地球惑星科学連合 2012 年大会, 2012 年 5 月 24 日, 幕張メッセ国際会議場 (講演番号 PPS003-05)
  • 佐々木 洋平, 竹広 真一, 西澤 誠也, 中島 健介, 林 祥介, 2012: 回転球殻 ダイナモに対する緯度方向不均一な内側浮力フラックス境界条件の影響. 日 本地球惑星科学連合 2012 年大会. 2012 年 5 月 25 日, 幕張メッセ国際会議場 (講演番号 SEM21-14)
  • 佐々木 洋平, 竹広 真一, 中島 健介, 林 祥介, 2012: 恒星・ガス惑星の深 部大気対流モデルの構築 日本地球惑星科学連合 2012 年大会. 2012 年 5 月 22 日, 幕張メッセ国際会議場 (講演番号 P-PS21)
  • S. Noda, M. Ishiwatari, K. Nakajima, Y. O. Takahashi, Y. Morikawa, S. Nishizawa, and Y.-Y. Hayashi, 2012: Dependence of the atmospheric general circulation of synchronously rotating terrestrial planets on planetary rotation rate, The General Assembly 2012 of the European Geosciences Union (EGU), April 24th 2012, Vienna, Austria. (Presentation Number EGU2012-9361) 2012 年 4 月 22-27 日 (24 日発表),
  • 杉山耕一朗, 中島健介, 小高正嗣, 倉本圭, 石渡正樹, 西澤誠也, 高橋芳幸, 林祥介, 2012, Numerical modeling of moist convection in Jupiter’s atmosphere, 第 8 回 太陽系外惑星大研究会, 2012 年 4 月 20 日, 熱海ニューフジヤホテル, 静岡県.
  • S. Noda, M. Ishiwatari, K. Nakajima, Y. O. Takahashi, Y. Morikawa, S. Nishizawa, and Y.-Y. Hayashi, 2012: Dependence of the atmospheric general circulation of synchronously rotating terrestrial planets on planetary rotation rate, 第 8 回 太陽系外惑星大研究会, 2012 年 4 月 18-20 日 (18 日発表), 熱海ニューフジヤホテル, 静岡県.

博士論文

修士論文

卒業論文

2011 年

査読付き論文

  • Takehiro, S., M. Yamada, and Y.-Y. Hayashi, 2011: Retrograde equatorial surface flows generated by thermal convection confined under a stably stratified layer in a rapidly rotating spherical shell, Geophys. Astrophys. Fluid Dyn., 105, 61--81.
  • Murakami, S., and T. Iwayama, 2011: A role of filemants on axisymmetrization process of an isolated two-dimensional elliptic vortex with non-uniform vorticity distribution. Theoretical and Applied Mechanics Japan, 59, 285-292.
  • Yamasaki, K., Yajima, T. and Iwayama, T., Differential geometric structures of steam functions: incompressible two-dimensional flow and curvatures. Jounal of Physics A vol. 44 (2011), 155501 (19 pages).(IOP select, highlight papers in 2011).

査読なし論文

学会発表

  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星大気における熱収支の自転角速度依存性」, 系外惑星大気ワークショップ, 2012 年 3 月 15-17 日 (16 日発表), ニチイ学館, 神戸市.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星大気における熱収支の自転角速度依存性」, 日本気象学会 2011 年度秋季大会, D113, 2011 年 11 月 16-18 日 (16 日発表), 名古屋大学, 名古屋市.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星大気における熱収支の自転角速度依存性」, 日本惑星科学会 2011 年 秋季講演会, S32-05, 2011 年 10 月 23-25 日 (25 日発表), 相模女子大学, 相模原市.
  • Noda, S., Ishiwatari, M., Nakajima, K., Takahashi, Y. O., Morikawa, Y., Nishizawa, S., Hayashi, Y.-Y., "The Atmospheric General Circulation of Synchronously Rotating Planets: Dependence on Planetary Rotation Rate", EPSC-DPS Joint Meeting 2011, P234, 2-7 October, 2011, Nantes, France.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星における太陽定数増大実験」, 日本地球惑星科学連合2011年大会, PPS020-29, 2011 年 05 月 22-27 日 (24 日発表), 幕張メッセ, 千葉市.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星における暴走限界の自転角速度・日射分布依存性」, 日本気象学会 2011 年度春季大会, D106, 2011 年 05 月 18-21 日 (18 日発表), 国立オリンピック記念青少年総合センター, 東京都.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星における太陽定数増大実験」. 第 25 回大気圏シンポジウム, 2-1, 2011 年 02 月 21 日, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部, 相模原市.
  • Takahashi, Y. O., Y.-Y. Hayashi, M. Odaka, and W. Ohfuchi, High resolution general circulation model experiments of the Martian atmosphere: Resolution dependence of disturbance and surface stress, Fourth International Workshop on the Mars Atmosphere: Modelling and Observations, February, 2011, Paris, France.
  • Takahashi, Y. O., Y.-Y. Hayashi, M. Ishiwatari, M. Odaka, K. Nakajima, and Y. Morikawa, Development of an atmospheric general circulation model and sequential experiments from an Earth-like planet to a Mars-like planet, Fourth International Workshop on the Mars Atmosphere: Modelling and Observations, February, 2011, Paris, France.

博士論文

修士論文

卒業論文

2010 年

査読付き論文

  • Yoden, S., Y.-Y. Hayashi, K. Ishioka, Y. Kitamura, S. Nishizawa, S. Takehiro, and M. Yamada, 2010: Jet formation in decaying two-dimensional turbulence on a rotating sphere, IUTAM Symposium on Turbulence in the Atmosphere and Oceans: Proceedings of the IUTAM Symposium on Turbulence in the Atmosphere and Oceans, D. Dritschel(Ed.), Springer, IUTAM BOOKSERIES, 28, Part 4, 253-263.
  • Iwayama, T. and Watanabe, T., Green's function for a generalized two-dimensional fluid. Physical Review E vol. 82 (2010), 036307 (9 pages).

査読なし論文

  • 佐々木 洋平, 竹広 真一, 林 祥介, 倉本 圭, 2010: 上端応力無し, 下端滑り無し条件を課した回転球殻中に出現する弱磁場ダイナモ. ながれ 29 別冊, 211.
  • 高橋芳幸, 林祥介, 小高正嗣, 大淵済, 2010: 高解像度火星大気大循環モデルで見られる中小規模擾乱, 第 11 回惑星圏研究会収録, 1-4.

学会発表

  • 高橋芳幸, 林祥介, 石渡正樹, 中島健介, 森川靖大, 小高正嗣, ハドレー循環の惑星半径依存性: 大気大循環モデルを用いた数値実験, 地球電磁気・地球惑星圏学会 第 128 回総会及び講演会, 2010 年 11 月 1 日, 沖縄県市町村自治会館.
  • 納多哲史, 「同期回転惑星における大気大循環の数値実験」, 第 1 回サイエンスフロンティア研究会, P32, 2010 年 10 月 30 日, 神戸大学理学部, 兵庫県.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星における太陽定数増大実験」, 日本気象学会 2010 年度秋季大会, D311, 2010 年 10 月 29 日, 京都テルサ, 京都府.
  • 村上真也, 岩山隆寛, 「フィラメントが2次元楕円渦の軸対称化に果たす役割」, 日本気象学会2010年度秋季大会, D305, 2010年10月27--29日(29日発表), 京都テルサ, 京都府.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星における太陽定数増大実験」, 日本惑星科学会 2010 年秋季講演会, 121, 2010 年 10 月 06 日, 名古屋大学野依記念学術交流館, 愛知県.
  • 村上真也, 岩山隆寛, 「フィラメントによる非一様楕円渦の軸対称化の促進」, 日本流体力学会2010年度年会, 2010年09月9--11日(10日発表), 北海道大学.
  • Noda, S., M. Ishiwatari, K. Nakajima, Y. O. Takahashi, Y. Morikawa, S. Nishizawa and Y.-Y. Hayashi, "The Atmospheric General Circulation of a Synchronously Rotating Planet and its Dependence on Rotation Rate", Eos Trans. AGU, 91(26), West. Pac. Geophys. Meet. Suppl., Abstract P31A-014.
  • Sasaki, Y., S. Takehiro, Y.-Y. Hayashi, and K. Kuramoto, Weak-field dynamo emerging in a rotating spherical shell with stress-free top and no-slip bottom boundaries, The 12th Symposium of Study of the Earth's Deep Interior, July, 2010.
  • 佐々木 洋平, 竹広 真一, 林祥介, 倉本 圭 上端応力無し条件下端粘着条件を課した回転球殻中に出現する弱磁場ダイナモ, 日本地球惑星科学連合 2010 年大会, 2010 年 5 月 25 日.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星の大気大循環とその自転角速度依存性」, 日本気象学会 2010 年度春季大会, 2010 年 05 月 26 日, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 東京都.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星の大気大循環とその自転角速度依存性」, 日本地球惑星科学連合 2010 年大会, 2010 年 05 月 25 日, 幕張メッセ 国際会議場, 千葉県.
  • 村上真也, 岩山隆寛, 「非一様楕円渦の軸対称化過程におけるフィラメントの役割」, 第59回理論応用力学講演会, 2010年06月8--10日(10日発表), 3E20, 日本学術会議, 東京都.
  • Takahashi, Y. O., Y.-Y. Hayashi, M. Odaka, and W. Ohfuchi, Effects of small and medium scale disturbances on the dust lifting on Mars: general circulation model experiments, JpGU Meeting 2010, May 23, 2010, Makuhari, Chiba, Japan.
  • Hayashi, Y.-Y., and others, "Organization of equatorial precipitation activity in an aqua-planet model", JIFT ワークショップ 2010.3, "Hierarchical Self-Organization of Turbulence and flows in Plasmas, Oceans and Atmospheres", UC San Diego, SERF Building #280 March 24 (Wednesday) - 26 (Friday), 2010.
  • Hayashi, Y.-Y., and others, Formation of jets in decaying turbluence on a rotating sphere, JIFT ワークショップ 2010.3, "Hierarchical Self-Organization of Turbulence and flows in Plasmas, Oceans and Atmospheres", UC San Diego, SERF Building #280 March 24 (Wednesday) - 26 (Friday), 2010.
  • Takahashi, Y. O., Y.-Y. Hayashi, M. Odaka, and W. Ohfuchi, Small and medium scale disturbances observed in a high resolution Mars atmosphere general circulation model, The 11th Symposium on Planetary Science, Mar. 15, 2010, Sendai, Miyagi, Japan.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星における大気大循環の数値実験」. 第 24 回大気圏シンポジウム, 2010 年 02 月 19 日, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部, 神奈川県相模原市.
  • 石渡 正樹, 納多 哲史, 中島 健介, 高橋 芳幸, 森川 靖大, 西澤 誠也, 林 祥介, 同期回転惑星の大気大循環に関する数値実験. 第 8 回 HSS ワークショップ, 北海道大学, 札幌市.
  • 石渡 正樹, 高橋 芳幸, 杉山 耕一郎, 森川 靖大, 納多 哲史, 山下 達也, 西澤誠也, 小高 正嗣, 林 祥介, 地球流体電脳倶楽部 dcmodel プロジェクト, 「系外惑星の気候探索をめざした数値モデルの開発」, 第6回太陽系外惑星大研究会, 2010/01/18-20, 国立天文台, 東京都三鷹市.
  • 佐々木洋平, 竹広真一, 林祥介, 「回転球殻 MHD ダイナモにおける上部力学的境界条件の影響」 2010/01/09, 国立天文台 CfCA ユーザーズミーティング, 国立天文台三鷹キャンパス, 東京都.
  • Ishiwatari, M, K. Ishioka, S. Takehiro, Y.-Y. Hayashi, S. Nishizawa, Y. O. Takahashi, M. Odaka, Y. Sasaki, K. Sugiyama, T. Yamashita, Y. Morikawa, K. Nakajima, and GFD Dennou Club, "DCMODEL: Hierarchical models for geophysical dynamics and planetary atmospheres", CPS 6th International School of Planetary Sciences, P-??, 4-9 January, 2010, Kobe, Japan.
  • Takahashi, Y. O., Y.-Y. Hayashi, M. Ishiwatari, K. Nakajima, and Y. Morikawa, "Numerical simulations of planetary atmospheres with land and the ocean by using a general circulation model", CPS 6th International School of Planetary Sciences, P-??, 4-9 January, 2010, Kobe, Japan.
  • Sugiyama, K., M. Odaka, K. Nakajima, Y. Morikawa, M. Ishiwatari, K. Kuramoto, and Y.-Y. Hayahsi, "Numerical modeling of moist convection in Jupiter's atmosphere", CPS 6th International School of Planetary Sciences, P-??, 4-9 January, 2010, Kobe, Japan.
  • Yamashita., T., M. Odaka, K. Sugiyama, K. Nakajima, M. Ishiwatari, and Y.-Y. Hayashi, "Two-dimensional numerical experiments of Martian atmospheric convection with condensation of the major component", CPS 6th International School of Planetary Sciences, P-??, 4-9 January, 2010, Kobe, Japan.
  • Murakami, S., and T. Iwayama, The effect of filaments on the axisymmetrization process of the 2D elliptic vortex with non-uniform vorticity, CPS 6th International School of Planetary Sciences "Planetary Atmospheres --- Sisters, relatives and ancestors of our own ---", P-17, 4-9 January, 2010, Seapal Suma, Hyogo, Japan.
  • Noda, S., M. Ishiwatari, K. Nakajima, Y. O. Takahashi, Y. Morikawa, S. Nishizawa, and Y.-Y. Hayashi, "Numerical Experiments of Atmospheric General Circulations on a Synchronously Rotating Planet", CPS 6th International School of Planetary Sciences, P-18, 4-9 January, 2010, Kobe, Japan.

修士論文

卒業論文

2009 年

査読付き論文

  • 杉山 耕一朗, 小高 正嗣, 中島 健介, 林 祥介, 2009: 木星大気を念頭においた雲対流モデルの開発, ながれマルチメディア ながれ 28, ながれマルチメディア.

査読なし論文

  • Yamashita,T., M. Odaka, K. Sugiyama, K. Nakajima, M. Ihiwatari, and Y.-Y. Hayashi, 2009: A two dimensional numerical experiment of atmospheric convection with condensation of the major component. Proceedings of the 42th ISAS Lunar and Planetary Symposium, P???-P???.

学会発表

  • 高橋芳幸, 林祥介, 2009: AFES を用いた地球型惑星の大気大循環のシミュレーション. 平成 20 (2008) 年度地球シミュレータ利用報告会, 2009 年 12 月 9 日, 地球シミュレータセンター.
  • 西澤誠也, 2009: GPGPUを用いたβ平面2次元減衰性乱流実験. 日本気象学会 2009 年度秋季大会, 2009 年 11 月 25 日, アクロス福岡. (講演番号 : P135)
  • 石渡正樹, 高橋芳幸, 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 地球流体電脳倶楽部 dcmodel プロジェクト, 「系外惑星の気候探索をめざした数値モデルの開発」, 日本気象学会 2009 年度秋季大会 スペシャルセッション「惑星大気の多様性」, C308, アクロス福岡, 福岡県.
  • 高橋芳幸, 林祥介, 石渡正樹, 森川靖大, 中島健介, 「大気大循環モデルを用いた陸と海の有る惑星の大気大循環計算」, 日本気象学会 2009 年度秋季大会 スペシャルセッション「惑星大気の多様性」, C307, アクロス福岡, 福岡県.
  • 林祥介, 石渡正樹, 小高正嗣, 中島健介, 高橋芳幸, 「湿潤惑星大気用数値モデル群の開発および基礎的実験」, 国立環境研究所 平成21年度スーパーコンピュータ利用研究報告会, 2009 年 11 月 11 日, 国立環境研究所.
  • 杉山耕一朗, 山下達也, 小高正嗣, 中島健介, 高橋芳幸, 竹広真一, 石渡正樹, 林祥介 2009: 惑星大気雲対流モデルの開発. 日本惑星科学会 2009 年秋季講演会, 2009 年 9 月 30 日, 東京大学本郷キャンパス, 文京区, 東京都.
  • 高橋 芳幸, 林 祥介, 石渡 正樹, 森川 靖大, 2009: 大気大循環モデルを用いた陸と海の有る惑星の大気大循環計算. 地球電磁気・地球惑星圏学会 2009 年度秋季大会, 2009 年 9 月 27 日, 金沢大学 角間キャンパス. (講演番号 : B009-10)
  • 中島 健介, 杉山 耕一朗, 山下 達也, 小高 正嗣, 石渡 正樹, 高橋 芳幸, 林 祥介, 2009: 惑星大域における雲対流の数値モデリング. 地球電磁気・地球惑星圏学会 2009 年度秋季大会, 2009 年 9 月 27 日, 金沢大学 角間キャンパス. (講演番号 : B009-09)
  • 林 祥介, 地球流体電脳倶楽部, 2009: 惑星大気の数値モデル研究におけるひとつの戦略. 地球電磁気・地球惑星圏学会 2009 年度秋季大会, 2009 年 9 月 27 日, 金沢大学 角間キャンパス. (講演番号 : B009-08)
  • 山下 達也, 小高 正嗣, 杉山 耕一朗, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介, 2009: 主成分の凝結を伴う大気対流の二次元数値実験 (A two dimensional numerical experiment of atmospheric convection with condensation of the major component). 日本流体力学会年会 2009, 2009 年 9 月 2 日, 東洋大学白山キャンパス. (講演番号 154)
  • 村上真也, 岩山隆寛, 「孤立した2次元非一様楕円渦のパリンストロフィー生成」, 日本流体力学会2009年度年会, 東洋大学, 2009年9月2日.
  • 佐々木洋平, 竹広真一, 林祥介, 倉本圭, 「回転球殻 MHD ダイナモ解に対する上部力学的境界条件の影響」 日本流体力学会2009年度年会, 東洋大学, 2009年9月2日.
  • 林 祥介, 2009: ハビタブル惑星大気の数値的研究の一つの戦略. ハビタブル惑星ミニワークショップ, 2009 年 8 月 18 日, 国立天文台三鷹 輪講室.
  • 山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林 祥介 2009: 主成分の凝結を伴う大気対流の二次元数値実験. 第42回月惑星シンポジウム, 2009 年 8 月 5 日, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部.
  • Nakajima, K., Y.-Y. Hayashi Y. Yamada, Y. O. Takahashi, M. Ishiwatari, W. Ohfuchi, and 14 APE modelling groups 2009: The varieties of spontaneously generated tropical precipitation patterns found in APE Results. 2009/07/19 - 07/29, Palais des Congres, Montreal, CANADA.
  • Nakajima, K., Y. Yamada, Y. O. Takahashi, M. Ishiwatari, K. Takaya, W. Ohfuchi, Y.-Y. Hayashi and 14 APE modelling groups, 2009: The varieties of Tropical Precipitation Patterns forced by a Localized Sea Surface Temperature Anomaly on the Equator: Some expectations and APE results. 2009/07/19 - 07/29, Palais des Congres, Montreal, CANADA.
  • 山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2009: 大気主成分の凝結を考慮した二次元湿潤対流の基礎的数値実験, 日本気象学会 2009 年度春季大会, 2009 年 5 月 31 日, つくば国際会議場 A 会場.
  • 森川靖大, 高橋芳幸, 小高正嗣, 石渡正樹, 林祥介, 「階層的地球流体モデルのためのデータ入出力ライブラリ Gtool5 の設計と開発」, 日本気象学会 2009 年度春季大会, つくば国際会議場, 2009 年 5 月 31 日 (講演番号 A402). [講演予稿] [発表資料 (HTML) (PDF)]
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 2009: 木星大気の雲対流の直接数値計算と将来探査計画における雷観測, 地球惑星科学連合 2009 年大会, 2009 年 05 月 18 日, 幕張メッセ 国際会議場, 講演セッション : E205 「地球及び惑星における全球電流系と雷放電関連現象セッション」, 講演番号 : E205-P007.
  • 山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2009 : 大気主成分の凝結を考慮した 二次元湿潤対流の基礎的数値実験. 地球惑星科学連合 2009 年大会火星セッション, 2009 年 05 月 18 日, 幕張メッセ 国際会議場, 講演セッション : P142 「火星」. 講演番号 : P142-014.
  • 森川靖大, 高橋芳幸, 小高正嗣, 石渡正樹, 林祥介, 「階層的地球流体モデルのためのデータ入出力 Fortran 90/95 ライブラリ Gtool5」, 日本地球惑星科学連合 2009 年大会, 幕張メッセ, 2009 年 5 月 21 日 (講演番号 J171-002). [講演予稿 (日) (英)] [発表資料 (HTML) (PDF)]
  • 杉山耕一郎, 佐藤光輝, 中島健介, 竹内 覚, 高橋幸弘, 将来の探査における木星大気の雷観測 第10回 惑星圏研究会, 2009 年 3 月 18 日, 東北大学大学院理学研究科 (講演番号 23)
  • 石渡正樹, 中島健介, 森川靖大, 高橋芳幸, 小高正嗣, 倉本圭, 林祥介, 「同期回転惑星大気における循環構造」. 第23回大気圏シンポジウム, 2009 年 02 月 27 日, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部.
  • 山下 達也, 小高 正嗣, 杉山 耕一朗, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介, 「大気主成分の凝結を考慮した二次元雲対流モデルによる火星大気の数値計算」, 第23回大気圏シンポジウム, 2009 年 2 月 27 日, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部,
  • 林祥介, 堀之内武, 2009: 「地球流体科学におけるデータとその流通にまつわる 諸問題および様々な試み」(林編). データ科学ワークショップ (第一回), 2009 年 1 月 16 日, 国立天文台三鷹キャンパス.

修士論文

卒業論文

2008 年

査読付き論文

  • Sugiyama, K., M. Odaka, K. Nakajima, and Y.-Y. Hayashi, 2008: Development of a Cloud Convection Model to Investigate the Jupiter's Atmosphere, Nagare Multimedia, http://www2.nagare.or.jp/mm/2008/sugiyama/ (online journal).
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 佐野康男, 大石憲且, 馬場聡, 高井昌彰, 大石尊久, 林祥介, 倉本圭, 渡部重十, 2008: 広帯域ネットワークを基盤とした大学と公開天文台との連携, 遊星人(日本惑星科学会学会誌), 17, 123-129.
  • Murakami, S. and T. Iwayama, 2008: Parameter Dependence of Eastward-Westward Asymmetric Jets in Forced Barotropic 2D Turbulence on a β-plane. IUTAM symposium on Computational Physics and New Perspectives in Turbulence. Y. Kaneda (Ed.) Springer, 415-420.
  • Hashimoto, G. L., M. Roos-Serote, S. Sugita, M. S. Gilmore, L. W. Kamp, R. W. Carlson, and K. H. Baines, 2008: Felsic highland crust on Venus suggested by Galileo Near-Infrared Mapping Spectrometer data, J. Geophys. Res., 113, E00B24, doi:10.1029/2008JE003134.
  • Mueller, N., J. Helbert, G. L. Hashimoto, C. C. C. Tsang, S. Erard, G. Piccioni, and P. Drossart, 2008: Venus surface thermal emission at 1 mu in VIRTIS imaging observations: Evidence for variation of crust and mantle differentiation conditions, J. Geophys. Res., 113, E00B17, doi:10.1029/2008JE003118.
  • Iwagami, N., S. Ohtsuki, K. Tokuda, N. Ohira, Y. Kasaba, T. Imamura, H. Sagawa, G. L. Hashimoto, S. Takeuchi, M. Ueno, and S. Okumura, 2008: Hemispheric distributions of HCl above and below the Venus' clouds by ground-based 1.7 um spectroscopy, Planet. Space Sci., 56, 1424-1434.
  • Hamilton, K., Y. O. Takahashi, and W. Ohfuchi, 2008: The mesoscale spectrum of atmospheric motions investigated in a very fine resolution global general circulation model. J. Geophys. Res., 113, D18110, doi:10.1029/2008JD009785.

査読なし論文

  • 末吉雅和, 岩山隆寛, 2008: 一般化された 2 次元流体系における平行流の安定性. 京都大学数理解析研究所 講究録 1608 「オイラー方程式 250 年: 連続体力学におけるオイラーの遺産」, 189-199.
  • 杉山耕一朗, 小高 正嗣, 中島健介, 林祥介, 2008: 木星大気の雲対流の直接数値計算, 第9回地球流体力学研究集会「地球流体における波動と対流現象の力学」, 研究集会報告 19ME-S6, 30--34
  • 岩山隆寛, 百武宏之, 2008: 円形渦によって駆動される非線形エクマンパンピング, 第9回地球流体力学研究集会「地球流体における波動と対流現象の力学」, 研究集会報告 19ME-S6, 114--127.
  • 林祥介, 石渡正樹, 2008: 地球型惑星大気大循環モデルの開発と基礎的実験. 国立環境研究所スーパーコンピュータ利用研究年報 平成18年度, 65--72.

学会発表

  • 林祥介, 中島健介, 石渡正樹, 小高正嗣, 高橋芳幸, 森川靖大, 2008: 湿潤惑星大気用数値モデル群の開発および基礎的実験. 国立環境研究所 平成 20 年度スーパーコンピュータ利用研究報告会. 2008 年 11 月 28 日, 国立環境研究所.
  • 林 祥介, 2008: 地球温暖化の真実. 志の会講演会, 2008 年 9 月 13 日, 神戸市灘区 原田資料館.
  • 林祥介, 地球流体電脳倶楽部, 2008: 「地球流体電脳倶楽部-その野望と現状-」. 国立天文台特別セミナー, 2008 年 8 月 20 日 (水), 国立天文台三鷹キャンパス.
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 2008: 「凝結成分存在度をパラメタとした木星大気の雲対流の数値シミュレーション」, 国立天文台 CfCA ユーザーズミーティング, 2008 年 12 月 17 日, 国立天文台三鷹キャンパス.
  • 小高正嗣, 杉山耕一朗, 山下達也, 石渡正樹, 高橋芳幸, 中島健介, 林祥介, 2008: 「惑星大気における非静力学モデリング」. 第10回非静力学モデルワークショップ, 2008 年 11 月 27 日, 名古屋大学.
  • 高橋芳幸, 林祥介, 小高正嗣, 大淵済, 2008: 火星大気大循環モデルで表現されるダスト巻き上げフラックスの解像度依存性: 季節変化. 地球電磁気・地球惑星圏学会 2008 年度秋季大会, 2008 年 10 月 11 日, 仙台市 戦災復興記念館. (講演番号: B009-P006)
  • 山下 達也, 小高 正嗣, 杉山 耕一朗, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介, 「大気主成分の凝結を考慮した 2 次元雲対流モデルによる火星大気の数値計算」, 平成 20 年度第 2 回日本気象学会北海道支部研究発表会, 札幌管区気象台, 2008 年 12 月 17 日
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 「凝結成分存在度をパラメタとした木星雲対流の数値シミュレーション, 第21回理論懇シンポジウム/国立天文台 CfCA ユーザーズミーティング」, 国立天文台, 2008 年 12 月 16 日 (講演番号 P83).
  • 佐々木洋平, 竹広真一, 林祥介, 「回転球殻 ダイナモにおける力学的境界条件の影響」 第 21 回理論懇シンポジウム/国立天文台 CfCA ユーザーズミーティング, 国立天文台, 2008 年 12 月 16 日 (講演番号 P73)
  • Sugiyama, K., M. Sato, K. Nakajima, S. Takeuchi, and Y. Takahashi, Observation of Lightning on Jupiter by a Future Mission, AGU 2008 Fall Meeting, San Francisco, December 15, 2008 (講演番号 AE13A-0322).
  • Iwayama, T., T. Watanabe, and S. Murakami, "Transition of the decay exponent of enstrophy in two-dimensional turbulence", Workshop on Rotating Stratified Turbulence and Turbulence in the Atmosphere and Oceans, Isaac Newton Institute for Mathematical Sciences, Cambridge, UK, December 8, 2008.
  • Hayashi, Y.-Y., Y. O. Takahashi, M. Odaka, and W. Ohfuchi, "Resolution dependence of dust mass flux simulated by Mars general circulation model", Workshop on Rotating Stratified Turbulence and Turbulence in the Atmosphere and Oceans, Isaac Newton Institute for Mathematical Sciences, Cambridge, UK, December 8, 2008.
  • 高橋芳幸, 「火星気象シミュレーション: 現状」, 第 1 回 CPS 月惑星探査研究会, 神戸大学, 2008 年 12 月 5 日.
  • 竹広 真一, 山田 道夫, 林 祥介, 「上層の安定成層下に閉じ込められた高速回転する球殻内の超臨界対流により 引き起こされる赤道逆行流」, 日本気象学会 2008 年度秋季大会, 仙台国際センター, 2008 年 11 月 21 日.
  • 岩山隆寛, 渡邊威, 村上真也, 「減衰性2次元乱流におけるエンストロフィー減衰則の転移」, 日本気象学会 2008 年度秋季大会, 仙台国際センター, 2008 年 11 月 21 日 (講演番号 P302).
  • 小高正嗣, 山下達也, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 「3 次元非静力学モデルによる火星大気対流の数値計算: 2 次元モデル計算との比較」 日本気象学会 2008 年度秋季大会, 仙台国際センター, 2008 年 11 月 21 日 (講演番号 P???).
  • 森川靖大, 石渡正樹, 高橋芳幸, 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 「可変性と可読性を考慮した大気大循環モデルの開発: ソースコードの簡潔さを重視したモデル設計」, 日本気象学会 2008 年度秋季大会, 仙台国際センター, 2008 年 11 月 21 日 (講演番号 D304). [講演予稿] [発表資料 (HTML) (PDF)]
  • Takahashi, Y. O., Y.-Y. Hayashi, M. Odaka, and W. Ohfuchi, "High Resolution Simulations of the General Circulation of the Martian Atmosphere: Small and Medium Scale Disturbances and Dust Lifting Processes", Third International Workshop on The Mars Atmosphere: Modeling and Observations, Williamsburg, Virginia, USA, November 10, 2008.
  • Odaka, M., T. Yamashita, K. Sugiyama, K. Nakajima, M. Ishiwatari, and Y.-Y. Hayashi, "Development of a three dimensional non-hydrostatic model for Martian atmosphere and a numerical simulation of thermal convection", Third International Workshop on The Mars Atmosphere: Modeling and Observations, Williamsburg, Virginia, USA, November 10, 2008.
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 「2 次元数値モデルで得られた木星雲対流の間欠性に関する考察」, 日本惑星科学会 2008 年度秋季講演会, 九州大学, 2008 年 11 月 2 日 (講演番号 P233).
  • 山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林 祥介, 「大気主成分の凝結を考慮した二次元雲対流モデルによる火星大気の数値計算」, 日本惑星科学会 2008 年秋季講演会, 九州大学, 2008 年 11 月 2 日.
  • 小高 正嗣, 山下 達也, 杉山 耕一朗, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介, 「3 次元火星大気非静力学モデルの開発と鉛直対流の数値計算」, 日本惑星科学会 2008 年度秋季講演会, 九州大学, 2008 年 11 月 2 日 (講演番号 201).
  • 石渡正樹, 中島健介, 森川靖大, 高橋芳幸, 小高正嗣, 倉本圭, 林祥介, 「同期回転惑星大気における循環構造」, 日本惑星科学会 2008 年秋季講演会, 九州大学, 2008 年 11 月 1 日.
  • 高橋芳幸, 林祥介, 小高正嗣, 大淵済, "Resolution dependence of dust mass flux simulated by Mars general circulation model: seasonal variation", 第 124 回 SGEPSS 総会および講演会, 仙台市戦災復興記念館, 2008 年 10 月 11 日.
  • 高橋芳幸, 林祥介, 小高正嗣, 大淵済, 「高解像度火星大気大循環モデルで表現されるダスト巻き上げ過程」, 日本流体力学会 年会 2008, 神戸大学, 2008 年 9 月 7 日.
  • 小高 正嗣, 山下 達也, 杉山 耕一朗, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介, 「3 次元火星大気非静力学モデルの開発と鉛直対流の数値計算」, 日本流体力学会 年会 2008, 神戸大学, 2008 年 9 月 7 日.
  • 竹広真一, 山田道夫, 林祥介, 「上層の安定成層下に閉じ込められた高速回転する球殻内の 超臨界熱対流により引き起こされる赤道逆行流」, 日本流体力学会年会 2008, 神戸大学, 2008 年 9 月 ? 日.
  • 佐々木洋平, 竹広真一, 林祥介, 倉本圭, 「回転 MHD ダイナモにおける力学的境界条件の影響」, 日本流体力学会年会 2008, 神戸大学六甲台キャンパス, 2008 年 9 月 7 日(ながれ, 27別冊, 376).
  • 小高 正嗣, 山下 達也, 杉山 耕一朗, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介, 「3 次元火星大気非静力学モデルの開発と鉛直対流の数値計算」, 第 41 回月惑星シンポジウム, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部, 2008 年 8 月 8 日.
  • Horinouchi, T., S. Nishizawa, C. Watanabe, A. Tomobayashi, T. Koshiro, Y. Morikawa, Y.-Y. Hayashi, M. Shiotani, M. Ishiwatari, and M. Odaka, "Gfdnavi: a web-based database and vizualization tool for geophysical and environmental fluid sciences to seamlessly support researches and data publication", 20th International Conference on Scientific and Statistical Database Management (SSDBM), July 9-11, 2008, Hong Kong.
  • Sugiyama, K., M. Odaka, K. Nakajima, and Y.-Y. Hayashi, "Numerical modeling of moist convection in Jupiter's atmosphere", Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 2008 meeting, June 16-20, 2008, Busan, Korea. (Abstract ID : PS05-A018)
  • 林祥介, 「惑星気候研究の展望」, 日本地球惑星科学連合 2008 年大会, 2008 年 05 月 30 日, 幕張メッセ 国際会議場, 講演番号 : J246-012.
  • 佐々木洋平, 竹広真一, 林祥介, 倉本 圭, 「下端に粘着条件・上端に応力無し条件を課した回転球殻 MHD ダイナモ計算」, 日本地球惑星科学連合 2008 年大会, 幕張メッセ, 2008 年 5 月 28 日 (講演番号 E111-011). [講演予稿 (日本語) (英語)] [発表資料 (HTML) (PDF)]
  • 森川靖大, 杉山耕一朗, 高橋芳幸, 小高正嗣, 石渡正樹, 中島健介, 林祥介, 「木星大気を念頭においた湿潤大気のための大循環モデルの開発および数値実験」, 日本地球惑星科学連合 2008 年大会, 幕張メッセ, 2008 年 5 月 27 日 (講演番号 J160-001). [講演予稿 (日本語) (英語)] [発表資料 (HTML) (PDF)]
  • 小高 正嗣, 山下 達也, 杉山 耕一朗, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介, 「3 次元火星大気非静力学モデルの開発と鉛直対流の数値計算」, 日本地球惑星科学連合 2008 年大会, 幕張メッセ, 2008 年 5 月 25 日 (講演番号 P138-010).
  • 高橋芳幸, 林祥介, 小高正嗣, 大淵済, 「火星大気大循環モデルで表現されるダスト巻き上げ量の解像度依存性」, 日本地球惑星科学連合 2008 年大会, 幕張メッセ, 2008 年 5 月 25 日.
  • 竹広 真一, 山田 道夫, 林 祥介, 「上層の安定成層下に閉じ込められた高速回転する球殻内の超臨界対流により 引き起こされる赤道逆行流」, 日本地球惑星科学連合 2008 年大会, 幕張メッセ, 2008 年 5 月
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 林 祥介, 「木星大気の雲対流の直接数値計算: 雲微物理パラメタに対する雲の鉛直分布と流れ場の依存性」, 日本地球惑星科学連合 2008 年大会, 幕張メッセ 国際会議場, 講演番号 : ???
  • 高橋芳幸, 林祥介, 小高正嗣, 大淵済, 「火星大気大循環モデルで表現されるダスト巻き上げ量の解像度依存性」, 日本気象学会 2008 年度春季大会, 横浜市開港記念会館, 2008 年 5 月 19 日.
  • 岩山隆寛, 末吉雅和, 「一般化された2次元流体系における平行流の安定性」, 日本物理学会第 63 回年次大会, 近畿大学 大学本部キャンパス, 2008 年 3 月 23 日 (講演番号 23pWF-8).
  • 小高 正嗣, 山下 達也, 杉山 耕一朗, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介, 「3 次元火星大気非静力学モデルの開発と鉛直対流の数値計算」, 第 6 回北海道シミュレーションサロンワークショップ, 北海道大学, 2008 年 3 月 19 日.
  • 百武宏之,岩山隆寛, 「円形渦のもとで駆動される非線形エクマンパンピングの水平分布について」, 地球流体力学研究集会,九州大学応用力学研究所, 2008 年 3 月 4 日.
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 「木星大気の雲対流の直接数値計算」, 第9回地球流体力学研究集会「地球流体における波動と対流現象の力学」, 九州大学応用力学研究所, 2008 年 3 月 3 日.
  • 小高正嗣, 杉山耕一郎, 中島健介, 林祥介, 「3 次元非静力学モデルを用いた火星大気対流の数値計算」 第22回大気圏シンポジウム, 2008 年 2 月 27 日, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部

修士論文

卒業論文

2007 年

査読付き論文

  • Hayashi, Y.-Y., S. Nishizawa, S. Takehiro, M. Yamada, K. Ishioka, and S. Yoden, 2007: Rossby waves and jets in a two-dimensional decaying turbulence on a rotating sphere. J. Atmos. Sci., Vol. 64, 4246-4269.
  • Takehiro, S., M. Yamada, and Y.-Y. Hayashi, 2007: Energy accumulation in easterly circumpolar jets generated by two-dimensional barotropic decaying turbulence on a rapidly rotating sphere. J. Atmos. Sci., Vol. 64, 4084-4097.
  • Ishiwatari, M., K. Nakajima, S. Takehiro, and Y.-Y. Hayashi, 2007: Dependence of climate states of gray atmosphere on solar constant: From the runaway greenhouse to the snowball states. J. Geophys. Res., Vol. 112, No. D13, D13120 <URL:http://dx.doi.org/10.1029/2006JD007368>.
  • Takehiro, S., M. Yamada, and Y.-Y. Hayashi, 2007: Circumpolar jets emerging in two-dimensional non-divergent decaying turbulence on a rapidly rotating sphere. Fluid Dyn. Res., Vol. 39, 209-220.
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 2007: 木星大気の雲対流 (Moist Convection in Jupiter's Atmosphere), エアロゾル研究(日本エアロゾル学会学会誌), Vol. 22, No. 2, 101-106.
  • 林祥介, 2007: 地球流体力学. 天気, Vol. 54, 937-940.
  • 松田佳久, 高橋芳幸, 林祥介, 中島健介, 2007: 惑星気象学の近年の展開. 天気, Vol. 54, 119-122.
  • 堀之内武, 西澤誠也, 渡辺知恵美, 森川靖大, 神代剛, 石渡正樹, 林祥介, 塩谷雅人, 2007: 地球流体データベース・解析・可視化のための新しいサーバ兼デスクトップ ツール Gfdnavi の開発, 電子情報通信学会第 18 回データ工学ワークショップ (DEWS2007) 論文集, E1-8, 8.
  • Watanabe, T., and T. Iwayama, 2007: Interacting scales and triad enstrophy transfers in generalized two-dimensional turbulence. Physical Review E, Vol. 76, 046303 (11 pages).
  • Sueyoshi, M. and T. Iwayama, 2007: Effect of deformation radius on stability of flow. Theoretical and Applied Mechanics Japan. T. Miyauchi and Y. Takeda (Ed.), Vol. 56, 325-333.
  • Hashimoto, G.L., Y. Abe, and S. Sugita, 2007: The chemical composition of the early terrestrial atmosphere: Formation of a reducing atmosphere from CI-like material. J. Geophys. Res., Vol. 112, E05010, doi:10.1029/2006JE002844.
  • Taguchi, M., T. Imamura, M. Nakamura, N. Iwagami, M. Ueno, M. Suzuki, T. Fukuhara, G. L. Hashimoto, and K. Mitsuyama, 2007: Longwave Infrared imager onboard the Venus Climate Orbiter. Adv. Space Res., Vol. 40, 861-868.
  • Nakamura, M., T. Imamura, M. Ueno, N. Iwagami, T. Satoh, S. Watanabe, M. Taguchi, Y. Takahashi, M. Suzuki, T. Abe, G. L. Hashimoto, T. Sakanoi, S. Okano, Y. Kasaba, J. Yoshida, M. Yamada, N. Ishii, T. Yamada, and K.-I. Oyama, 2007: PLANET-C: Venus Climate Orbiter mission of Japan. Planet. Space Sci., Vol. 55, 1831-1842.

査読なし論文

  • 末吉雅和,岩山隆寛, 2007: 地衡流ジェットの非線形安定性. 京都大学数理解析研究所 講究録 1543 「波動現象の数理と応用」, 50-61.
  • 森川靖大, 石渡正樹, 堀之内武, 小高正嗣, 林祥介, 2007: RDoc を用いた数値モデルのドキュメント生成. 天気, Vol. 54, 185-190.
  • Hayashi, Y.-Y., M. Ishiwatari, Y. Yamada, Y. Morikawa, Y. O. Takahashi, K. Nakajima, M. Odaka, and S. Takehiro, 2007: Equatorial precipitation patterns in aqua-planet experiments: effects of vertical turbulent mixing processes. CGER's supercomputer activity report, Vol. 14-2005, 69-76.
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 2007: 「H2O, NH3 の凝結と NH4SH の生成反応を考慮した木星大気の雲対流の直接数値計算」, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部, 第 21 回大気圏シンポジウム講演集, 5-8.

学会発表

  • Hashimoto, G. L., "Habitability of Planets", Japanese-American Frontiers of Science Symposium, Hayama, Kanagawa, Dec. 2007.
  • 林祥介, 石渡正樹, 山田由貴子, 森川靖大, 中島健介, 高橋芳幸, 竹広真一, 小高正嗣, 「大気大循環モデルに見られる赤道域降水活動の表現の多様性に関する研究」, 国立環境研究所 平成 19 年度スーパーコンピュータ利用研究報告会, 2007 年 11 月 20 日. [発表資料]
  • Nakajima, K., Y. Yamada, Y. O. Takahashi, M. Ishiwatari, K. Takaya, W. Ohfuchi, and Y.-Y. Hayashi, "On the varieties of tropical precipitation patterns forced by an SST anomaly on the equator:some expectations and results", APE Workshop 2007, 14 November 2007. Chiba Institute of Science, Japan.
  • Hayashi, Y.-Y., Y. Yamada, Y. O. Takahashi, M. Ishiwatari, K. Nakajima, W. Ohfuchi, and GFD Dennou Club, "On the varieties of spontaneously generated tropical precipitation patterns", APE Workshop 2007, 13 November 2007. Chiba Institute of Science, Japan.
  • Sugiyama, K., M. Odaka, K. Nakajima, and Y.-Y. Hayashi, "Numerical Modeling of Moist Convection in Jupiter's Atmosphere", Workshop on Planetary Atmospheres 2007, Greenblt, Meryland. US, November 6, 2007.
  • Ishiwatari, M., K. Nakajima, Y. Morikawa, Y. O. Takahashi, M. Odaka, K. Kuramoto, and Y.-Y. Hayashi, "Numerical Experiment On An Atmospheric Circulation Of A Synchronously Rotating Planet", 39th Meeting of the AAS Division for Planetary Sciences, Oct. 07 - 12, 2007, Orlando, FL, USA.
  • 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 林 祥介, 「3 次元非静力学モデルによる火星大気対流の数値計算」, 日本気象学会 2007 年度秋季大会, 北海道大学, 2007 年 10 月 16 日 (講演番号 B302). [発表資料 (HTML)]
  • 高橋芳幸, 林 祥介, 小高正嗣, 「火星大気子午面循環の季節変化」, 日本気象学会 2007 年度秋季大会, 北海道大学, 2007 年 10 月 16 日 (講演番号 B303).
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 「2 次元対流モデルで明らかにされた木星大気の雲対流構造」, 日本気象学会 2007 年度秋季大会, 北海道大学, 2007 年 10 月 16 日 (講演番号 B304).
  • 森川靖大, 石渡正樹, 杉山耕一朗, 高橋芳幸, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 「可変性と可読性を考慮した大気大循環モデルの開発と湿潤惑星の数値実験」, 日本気象学会 2007 年度秋季大会, 北海道大学, 2007 年 10 月 16 日 (講演番号 B305). [講演予稿] [発表資料 (HTML)] [発表資料 (PDF)]
  • 石渡正樹, 中島健介, 森川靖大, 高橋芳幸, 小高正嗣, 倉本圭, 林祥介, 「同期回転惑星の大気大循環の数値計算」, 日本気象学会 2007 年度秋季大会, 北海道大学, 2007 年 10 月 16 日 (講演番号 B306).
  • 末吉雅和, 岩山隆寛, 「一般化された2次元流体系における平行流の安定性」, 日本気象学会 2007 年度秋季大会, 北海道大学学術交流会館, 2007 年 10 月 15 日 (講演番号 B257).
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 高橋芳幸, 林祥介, 「2 次元対流モデルで明らかにされた木星大気の雲対流構造」, 地球電磁気・地球惑星圏学会 2007 年度秋季大会, 2007 年 10 月 1 日, 名古屋大学, (講演番号 : B009-23).
  • 高橋芳幸, 林祥介, 小高正嗣, 「火星大気子午面循環の季節変化」, 地球電磁気・地球惑星圏学会 2007 年度秋季大会, 2007 年 9 月 30 日, 名古屋大学, (講演番号 : B009-P002)
  • 高橋芳幸, 林祥介, 小高正嗣, 「火星大気子午面循環の構造」, 日本惑星科学会 2007 年秋季講演会, 高知大学, 2007 年 9 月 ?? 日 (発表番号 P49)
  • 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 林 祥介, 「3 次元火星大気非静力学モデルの開発と放射対流の数値計算」, 日本惑星科学会 2007 年度秋季講演会, 高知大学, 2007 年 9 月 27 日 (発表番号 341). [発表資料 (HTML)]
  • 森川靖大, 杉山耕一朗, 高橋芳幸, 小高正嗣, 石渡正樹, 中島健介, 林祥介, 「木星を念頭においた湿潤惑星の大気大循環モデルによる数値実験」, 日本惑星科学会 2007 年度秋季大会, 高知大学, 2007 年 9 月 27 日 (発表番号 342). [講演予稿] [発表資料 (HTML)] [発表資料 (PDF)]
  • 石渡正樹, 中島健介, 森川靖大, 高橋芳幸, 小高正嗣, 倉本圭, 林祥介, 「大気大循環モデルを用いた同期回転惑星大気の数値実験」, 日本惑星科学会 2007 年秋季講演会 予稿集, p95. (講演番号: 344)
  • 末吉雅和, 岩山隆寛, 「一般化された2次元流体系における平行流の安定性」, 京都大学数理解析研究所研究集会「オイラー方程式 250 年: 連続体力学におけるオイラーの遺産」, 京都大学数理解析研究所, 2007 年 9 月 14 日.
  • 森川 靖大, 石渡 正樹, 林 祥介, 地球流体電脳倶楽部開発グループ, 「階層的モデル群の開発・整備のための基盤技術開発」, 2007 年 名古屋大学太陽地球環境研究所:研究集会:「磁気嵐シミュレータ実現に向けた検討会」 2007 年 9 月 11 日, 11:30 - 12:30. 大阪府立大学学術交流会館小ホール.
  • 岩山隆寛, 末吉雅和, 「一般化された2次元流体系における平行流の安定性」, 日本流体力学会年会 2007, 東京大学教養学部 5 号館, 2007 年 8 月 8 日.
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 「木星大気の雲対流の直接数値計算」, 日本流体力学会年会 2007, 東京大学教養学部 5 号館, 2007 年 8 月 8 日 (ながれ 26 別冊, ???).
  • 森川靖大, 杉山耕一朗, 高橋芳幸, 小高正嗣, 石渡正樹, 中島健介, 林祥介, 「大気大循環モデルによる湿潤惑星の数値実験にむけて --可読性と可変性を考慮した大気大循環モデル開発--」, 日本流体力学会年会 2007, 東京大学教養学部 5 号館, 2007 年 8 月 8 日 (ながれ 26 別冊, 246).
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 「木星大気の雲対流の直接数値計算」, 第40回月惑星シンポジウム, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部, 2007 年 7 月 27 日.
  • 石渡正樹, 中島健介, 森川靖大, 高橋芳幸, 小高正嗣, 倉本圭, 林祥介, 「同期回転惑星の大気大循環に関する数値計算」, 第40回月惑星シンポジウム, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部, 2007 年 7 月 27 日.
  • Sugiyama, K., M. Odaka, K. Nakajima, and Y.-Y. Hayashi, "Numerical Modeling of Moist Convection in Jupiter’s Atmosphere and Future Jupiter Probe Mission", 5th International Planetary Probe Workshop, Bordeaux (France), 2007 年 6 月 25 日 (講演番号 SessionV-Poster3).
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 「木星の雲対流層の直接数値計算: 複数成分の凝結を伴う対流の構造」, 日本地球惑星科学連合 2007 年大会, 幕張メッセ, 2007 年 5 月 24 日 (講演番号 J165-008).
  • 山田由貴子, 石渡正樹, 中島健介, 林祥介, 「大気大循環モデルで表現される赤道域降水活動の放射冷却率鉛直分布依存性」, 日本地球惑星科学連合 2007 年大会, 幕張メッセ, 2007 年 05 月 24 日 (講演番号 J165-007). [発表資料]
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 「木星大気の雲対流の直接数値計算: 凝結成分存在度に対する雲の鉛直分布と流れ場の依存性」, 日本地球惑星科学連合 2007 年大会, 幕張メッセ, 2007 年 5 月 20 日 (講演番号 M134-015).
  • 森川靖大, 石渡正樹, 高橋芳幸, 小高正嗣, 林祥介, 「可変性と可読性を考慮した大気大循環モデルの設計と実装実験: 物理過程 モジュールでの試み」, 日本地球惑星科学連合 2007 年大会, 幕張メッセ, 2007 年 05 月 20 日 (講演番号 J166-001). [講演予稿] [発表資料 (HTML)] [発表資料 (PDF)]
  • はしもとじょーじ, 阿部豊, 杉田精司, 「地球型惑星表層環境の初期進化」, 日本地球惑星科学連合 2007 年大会, 幕張メッセ, 2007 年 5 月 19 日, (講演番号 J247-003).
  • 石渡 正樹, 中島健介, 森川 靖大, 高橋 芳幸, 小高 正嗣, 林祥介, 地球流体電脳倶楽部, 「大気大循環モデルで得られる気候のレジームダイアグラム: 惑星表面上に液体の水が存在する条件の解明に向けて」 日本地球惑星科学連合 2007 年大会, 幕張メッセ, 2007 年 05 月 19 日 (講演番号 J247-013)
  • 林祥介, 「議論:何が問題か?」, 日本地球惑星科学連合 2007 年大会, 幕張メッセ, 2007 年 05 月 19 日 (講演番号 J247-014)
  • 高橋芳幸, 林祥介, 小高正嗣, 大淵済, 「火星大気大循環モデルで見られた日変化する小規模渦」, 日本地球惑星科学連合 2007 年大会, 幕張メッセ, 2007 年 05 月 19 日 (講演番号 P138-002).
  • 山田由貴子, 石渡正樹, 中島健介, 林祥介, 「水惑星実験における赤道域降水パターンに対する 鉛直乱流混合過程の影響」, 日本気象学会 2007 年度春季大会, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 2007 年 05 月 16 日 (講演番号 D465). [発表資料]
  • 高橋芳幸, 林祥介, 小高正嗣, 大淵済, 「火星大気大循環モデルで見られた日変化する小規模渦」, 日本気象学会 2007 年度春季大会, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 2007 年 05 月 14 日 (講演番号 D204).
  • 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 「木星の雲対流層の直接数値計算: 対流運動と雲分布の結成分存在度に対する依存性」, 日本気象学会 2007 年度春季大会, 代々木国立オリンピック記念青少年総合センター, 2007 年 5 月 14 日 (講演番号 D206).
  • 堀之内武, 西澤誠也, 渡辺知恵美, 神代剛, 塩谷雅人, 森川靖大, 林祥介, 石渡正樹, 電脳 davis プロジェクト, 「地球流体データの公開・共有・解析・可視化のためのツール Gfdnavi の開発」 日本気象学会 2007 年度春季大会講演予稿集, (講演番号 P224).
  • 高橋芳幸, 「火星大気中のダスト循環」, 2007年5月12日 惑星大気研究会, 国立オリンピック記念青少年総合センター.